<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
プロフィール
profilephoto

1968年8月生まれ
横浜市在住
横浜市泉区弥生台にある夫婦問題専門相談室【Heart space】で活動中の離婚カウンセラーです。
専門に手掛ける夫婦問題は浮気・不倫問題からの夫婦関係修復・再構築。
カウンセリングの領域を超えた問題解決サポートは、 いい意味で皆さんに驚いていただいています☆


まだ諦めない!夫婦修復・再構築講座

私はそれでも女房を受け入れます。

【妻の浮気現場を目撃しました。あんな声は聞いた事がありません。】

私は40歳の会社員です。

先日、1週間の出張がありました。
仕事が思いの外早く片づいたので
女房を驚かせようと思い
一日早く帰る事にしました。

玄関を開けると
男物の靴がありました。

そっと家に上がり
リビングを見ると
女房と知らない男性が
裸で抱きあってました。

女房は聞いた事がない声を上げ
感じていたようです。

その瞬間、私は家を出ました。
その晩は漫画喫茶にいました。

そして翌日何もなかったように
家に帰りました。

女房は何もなかったように
接してきました。

でも、私はこのまま何も言わずに
女房を受け入れようと思ってます。

私が見たことがいけなかったのです。

恐らくここまで女房を追い込んだ原因は
私にあるのでしょう。

私が我慢すれば良いのです。


===============================
  応援クリックお願いします!!
===============================

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ





 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このご主人は何もなかった事にする
選択をしました。

サレ夫さんは許す方が多いです。

でも、ハートスペースに来られたという事は
その心の中の矛盾に気づいていたのでしょう。

でもご主人様は動こうとしませんでした。

戦いから目を背けたのです。

結局このお二人は
離婚され新しい人生を
お互いが歩んでます。

お子様は6歳の男の子と4歳の女の子
親権はお母様が取られました。

このご夫婦は
ご主人さまが耐えられなかったのでは
ありません。

奥様が耐えられなかったのです。
2010.08.13 Friday 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 一度は許そうと思いましたが・・・ | main | 主人が休日出勤と言って出かけました。 >>